WEBER – Ookami No Namida

偽りの窓の中 君にはなれない自分を怖れ
Itsuwari no mado no naka kun ni wa nare nai jibun o kowa re
いつからかオオカミになり戻れない
itsuka ra ka ōkami ni narimodore nai
何の為に生まれたのか 教えて
nani no tame ni umare ta no ka oshie te

今からでも 間に合わせるから この心砕いて
ima kara demo maniawaseru kara kono kokoro kudai te

とめどなく なぜあふれてくるの
tomedonaku naze afure te kuru no
いま僕の中を伝って
ima boku no naka o tsutatte
本当の自分になりたくて
hontō no jibun ni nari taku te
心の欠片の上に降る
kokoro no kakera no ue ni furu
ナミダの意味を 探してる
namida no imi o sagashiteru

眩しさに打たれ視界を失くし未来も今も見えない
mabushi sa ni utare shikai o shitsu kushi mirai mo ima mo mie nai
強い自分演じる仮面守るため
tsuyoi jibun enjiru kamen mamoru tame
何が欲しい どこへ行くの? これから
nani ga hoshii doko e iku no? korekara

遠回りして 逃げ出してもいいよ
tōmawari shi te nigedashi te mo ii yo
また立ち向かうなら
mata tachimukau nara

目が覚めて夢で泣いてた
me ga same te yume de naite ta
伸ばしたその手を止めた
nobashi ta sono te o tome ta
雲の間ににじんでいた
kumo no ma ni nijin de i ta
光の影におびえながら
hikari no kage ni obie nagara
ナミダの理由(わけ)を探してる
namida no riyū ( wake ) o sagashiteru

迷い 焦り 痛み 疲れ 果てて 怯え 戸惑い
mayoi aseri itami tsukare hate te obie tomadoi

陰り 凍え 汚(けが)れながら
kageri kogoe kitana ( kega ) re nagara
弱さ 消して 彷徨(さまよ)い続ける
yowa sa keshi te hōkō ( sama yo ) itsuzukeru

遠い 記憶 長い 坂を上り見つめた 夜明け
tōi kioku nagai saka o noborimitsume ta yoake

あけ放つ 窓の 向こう かすかに 聴こえる 声
akehanatsu mado no mukō kasuka ni kikoeru koe

手のひらの上に ぽろり落ちる
tenohira no ue ni porori ochiru
温もりに泣いて鳴いた
nukumori ni nai te nai ta

とめどなく なぜあふれてくるの
tomedonaku naze afure te kuru no
いま僕の中を伝って
ima boku no naka o tsutatte
本当の自分になりたくて
hontō no jibun ni nari taku te
心の欠片の上に降る
kokoro no kakera no ue ni furu
ナミダの意味を 探してる
namida no imi o sagashiteru

終わりなく続くこの道に
owari naku tsuzuku kono michi ni
希望という名前つけた
kibō toyuu namae tsuke ta
君をつれてゆくよ前へ
kimi o tsure te yuku yo mae e
手をのばして つなぎとめる
te o nobashi te tsunagitomeru
遅すぎることなんかない
oso sugiru koto nanka nai

Leave a Reply

Close Menu