Bump of Chicken – Colony (コロニー)

どこだろう 今痛んだのは
手を当ててから解らなくなる
名前のない 涙がこぼれて
体の壁が解らなくなる
世界は蜃気楼 揺らいで消えそう
呑み込まれて連れて行かれそう
重なった 優しい温もりに
しがみついたまま震えた

聴こえた命の音は 
よく似ているけど違っていて
雨に変わり何度も肌を叩いた
閉じた目に 真昼の恒星 
キラキラ無数に散らばった
その中のひとつとひとつ それだけ

見つけた事 失くした事 
心が作った街で起こった事
こんなに今生きているのに 
嘘みたい 掌で教えて

何もない あんなに抱えていた
形を守る言葉の盾
残っていない 弱くても持っていた
道切り開く意思の剣
世界は蜃気楼 張りぼての城
消えそうで消えない生き物
ありがとう あなたは光
それだけが続ける理由

聴こえた自分の音は 
正体を当然知っていて
響いたら正しい矢になって戻ってきた
卑怯者 鏡の奥に 
気付く前に目を背けた
助けを呼ぶひとつとひとつ 
狙い合う

生まれた事 知らせた声 
どこまでも遠く全部を抱きしめた
解らないまま 何もないまま 
全てを 全てで抱きしめた
あの時みたいに出来るかな 
心が作った街で起こった事
こんなに今生きている事 
触ったら 同じように応えて

側にいて 行かないで 
微笑んで 頷いて
側にいて 行かないで 
重なって 音を聴いて
側にいて 行かないで 
微笑んで 頷いて
今会えた 名前のない 
涙に触らせて

どこだろう 今痛んだのは
どこだろう あなたは光

Leave a Reply

Close Menu