Akb48 – Ano Hi No Jibun

夏休みには列車に揺られて 田舎のおじいちゃん家へいったっけ 山に囲まれ 蝉のこえ 遠く 緑側で昼寝をしてみていたよ どこかを歩いているのに なぜか前へ進めずに 汗かきながら 焦ってたんだ あの日の風鈴 ちりんとなって 風はそっと吹き抜けた 目には見えない 大事なものは いつのまにか 古い記憶の中 ラジオ体操 好きじゃなかったけど 朝の空気は澄んでて気持ちいい将 来の夢大人に聞かれて そんな先のことなんかわからないよ 時計の針はこっそり 知らぬ間に進んで 鏡の自分は 大人だった 心の風鈴 聴こえたような 夏のそらが黄昏れる すべてのものは変わっていくけど…
Continue Reading
Close Menu